仙台でホームページ制作ならWEBパルコ

コラム

2017.11.7

weordpressで絶対抑えておきたいプラグインとは

プラグインとは?【便利なプラグインに存在するメリットとデメリット】

wordpressのプラグインとは何かご存じでしょうか。
プラグインとはwordpressの拡張機能で、これをインストールすることでいろんなことができるようになります。プラグインは正しい知識で使い方を間違わなければ大変便利です。
制作側から見れば効率化や生産性アップに繋がったり、またクライアント側から見ればリッチなコンテンツを比較的費用を押さえて制作を依頼してユーザーに提供出来ます。

但し、プラグインを導入前にメリットとデメリットを知っておく必要があります。

【必要な機能だけを反映させ、使いやすいサイト作りが可能に】

wordpressには「テーマ」というデザインのテンプレートがあり、種類は豊富にそろっているのですが、それらの「テーマ」を使っても、機能的にはまっさらな状態が多く、ほとんど機能が実装されていません。そこでプラグインの登場となります。

プラグインのメリットは、必要な機能だけをwordpressのサイトに反映させられることです。サイトに訪れるひとのために使いやすいサイトを作ることができるとても強力なアイテムなのです。

例えば企業のサイトであればお問い合わせフォームが必要ですし、SNSボタンもあった方がいいかもしれませんよね。wordpressへの悪意のある攻撃を防ぐプラグインも必要でしょう。必要なものだけを入れられるので、サイトが重くなってしまった。ということも防ぐことができます。

【様々な知識が必要になり、手足が出ないことも!?】

一方でデメリットも存在します。プラグインとはwordpressの拡張機能(コラムリンクを追加)と説明しました。全世界で使用されているwordpressはそのプラグインも物凄い数が存在しています。この中から必要なものを探してインストールするのは、ある程度の知識が必要になります。
しかもプラグインの多くが外国の方が作成していますので、その外国語が分からないと、手足がでない場合もあります。(但し、人気のあるプラグインはネットで検索すれば、プラグインのまとめサイトやローカライズされたサイトがありますので、参考に出来ます)そして、そもそもwebサイトにどのような機能が必要なのか、サイトの設計段階で理解していないと、判断が難しくなります。

そして同じ機能のプラグインが複数存在していることも珍しくありません。そうなると、どれを選んでいいか、判断付かない場合もあります。このようなデメリットを解決するには、プラグインの事について調べて判断をする必要が出てきます(プラグインの使用数やの☆の数、実際にそのプラグインを使っている人(サイト)の情報)。

さらに膨大なプラグインの中、必要な機能を有しているプラグインがなかったり見つける事が出来ない場合もあります。その場合は自分達でプラグインを開発する事も出来ますが一から開発するには更に別の知識が必要となってきますので、プラグインを開発したり必要なプラグインを選んでくれる専門家に依頼するのも一つの手です。

素人には難しいプラグインのノウハウ【特に注意!セキュリティ面とwordpressのアップデート時】

また、プラグインで特に気を付けなければいけないのは、セキュリティ面とwordpressのアップデート時です。
セキュリティ面としてはプラグインの脆弱性が上げられます。脆弱性が発見されたプラグインを使うの大変危険です。攻撃を受けサイトに被害がないように、プラグインのアップデートとwordpressのアップデートはwordpressのセキュリティを高めるには必要です。
但しそのwordpressのアップデート時には気を付けなければいけない事があります。それはwordpressのアップデートにプラグインが対応していない場合に発生します。それによりwordpressに対して不具合を引き起こす場合があります。特にwordpressのメジャーアップデートがある場合は、プラグインの対応状況や不具合の確認と事前にバックアップをした上で、アップデートを行うようにしましょう。バックアップの必要性についてはコラム「データが消えても大丈夫!wordpressでバックアップは絶対取ろう」で記述しています。良かったらご参考ください。

wordpressに精通した仙台のウェブパルコは、プラグインの導入からプラグインの開発までwordpressに関して得意としています。
wordpressのプラグインにお困りの方は、ウェブパルコにお任せください。

 

→【ウェブパルコへのお問い合わせ

カテゴリー:

2018年中の新規制作の受付は終了しております。ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。