仙台でホームページ制作ならWEBパルコ

コラム

2017.11.1

WEBデザイナーとしての働き方

フリーランスは時間を自由に活用して制作が可能

【自由な働き方が可能なフリーランス】

Webデザイナーの働き方は、企業につとめる人と、オフィス兼自宅を利用するなどして仕事をするフリーランスの大別されるのではないでしょうか。

フリーランスのメリットには、自分の裁量で仕事を獲得できることが挙げられます。 勤務していると、仕事は営業部によって契約されます。また会社の社風や付き合いがあるため、仕事ジャンルがかたよったり、繁忙期がおそろしい忙しさになることも。
その点、フリーランスは仕事の契約を取るところからWebサイトの作成、納品後のフィードバックまでを一人でおこないます。挑戦したいことにしがらみなく挑んだり、仕事が忙しくなりすぎないよう、調節することができます。行楽シーズンをはずして旅行に行けるように休暇を取ったり、朝早く起きて出勤せず、昼から夜間を仕事の時間に設定することもできます。

【スケジュール管理が苦手な人には不向き?】

しかし、こうしたメリットは裏をかえすとデメリットにもなりえます。まず、営業がいないということは、自分で仕事を取らないと稼げない、ということになります。つまり、自分を売り込む手腕に長けていないと仕事がきません。さらに、どれくらいの量の仕事を、どれくらいの見積もりで引き受けるかといった金額や納期の交渉も、すべて自分でおこなう必要があります。タイトなスケジュールで次々と仕事を受けて、結局自分の勉強の時間がけずられてしまったり、会社勤めの人よりも長時間の自主的な残業を強いられることもあります。

こうしたことから、フリーランスという働き方は、向いている人と向いていない人に大きく分かれるということがいえます。特に、スケジュール管理がしづらい人は、先に挙げた項目がすべてデメリットに転じてしまうでしょう。

時間設定が自由な分収入面では不安も

【チームの一員としてクライアントの理想をかなえましょう!】

仕事の契約やスケジュールに振り回されず、本業であるサイト作成に集中して取り組みたいという人は、フリーランスよりもむしろ勤務するビジネススタイルが合っています。
Webデザイナーとしての居場所を探している方は、ぜひウェブパルコで働いてみませんか?弊社は、チームとしてクライアントと向き合い、理想のサイトを提供する会社です。Webの人材を求める仙台のウェブパルコに、ぜひ力をかして下さい。

→【ウェブパルコへのお問い合わせ

カテゴリー:

2018年中の新規制作の受付は終了しております。ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。