Web Palco

コラム

2017.9.19

SNS戦略の要「ハッシュタグ」とは?

SNS戦略としてのハッシュタグ

【ハッシュタグとは?】

ハッシュタグは、主にInstagramとTwitterで使われています。 本来は、SNSにアップされる膨大な情報のなかから特定の情報をラベリングするために使われるもの。「#」のあとに特定のイベントや事象を入力することで、キーワードやタグの役割を果たしてくれます。「#TVドラマ名」をTwitter内で検索すると、自分がフォローしていないユーザーのTVドラマに関する投稿も、まとめてチェックすることができます。「#バイク好き集まれ」など、同じ趣味を持つ人とフォローしあう目的で使われることもあります。

インスタを宣伝として使う

【ハッシュタグの変化】

こうしたツールは、流行とともに意味合いが変化していきますが、ハッシュタグの変化は、TwitterよりもInstagramにおいて顕著です。Instagramのハッシュタグは、もともとTwitterと同じように使われていましたが、最近では「#ネットで話題のお店 #あーちゃんと行った #また行きたい」など、ハッシュタグで区切った一行日記風の文をつけた写真がみられます。もともとはラベルの役割をしていたハッシュタグですが、Instagramでは句読点の役割も果たしているのですね。

【ハッシュタグのメリット】

こうした文章系ハッシュタグにも、店舗側のメリットはあります。「楽しい」、「おしゃれ」といった肯定的な感想を羅列されることによって、店舗や企業のポジティブなイメージを拡散してくれるからです。また、「暗い」、「対応が遅い」といったネガティブな感想をつけられていたとしても、ハッシュタグの感想は一文で明快であるため、企業や店舗イメージの改善につながりやすいといえます。最近では「インスタ映え」というワードも流行しており、さまざまな店舗や企業がInstagramを絶好の宣伝SNSととらえています。

SNSの戦略的提案なら、仙台のウェブパルコにお任せ下さい。豊富なノウハウとSNS進化をつねにとらえた最先端の技術で、クライアントをサポートします。

→【ウェブパルコへのお問い合わせ

カテゴリー:

まずはお気軽にご相談ください

お電話もしくはお問合わせフォームにて受け付けております。
サービスのお見積もりやご相談の依頼は無料です。
どうぞお気軽にお問合わせください。

022-346-7511
9:00~18:00(土日祝日を除く)

お問合わせはこちら