失敗しない、成功する為の6つのポイント

  • 新しくホームページを制作を考えている。リニューアルしたい。その為のポイントを紹介。

ポイント① 理由を見つける(書き出す)

  • ここでは、ホームページを制作する前に、効率的に且つ効果的に、目的・目標を達成できるページを作る為に大切な事を6つのポイントで解り易く解説します。
  • まずはポイント①から、ホームページをこれから作る場合、必ず把握しておかなければならないことがあります。それは『ホームページを作る理由です。
  • それは何の為に、ホームページを作るのかという言う事です。まずはこれ(何の為を)を把握する必要があります。また、新規でホームページを作る場合、リニューアルする場合でも理由は違ってきます。
  • ・新規の場合
    「ホームページから集客したい」「ホームページでの商品販売」「会社(商品)のPR」、「ホームページでの予約」等
  • ・リニューアルの場合
    「最近問い合わせが少ない。」「ホームページが思ったように機能していない。」「検索しても出てこない。」「サポート(制作)会社の対応が悪い」等

アウトプットする。

  • 上記のように『ホームページを作る理由』を考えられるだけ沢山書き出します、また、理由を見つけるのと同時に、ホームページのアイディアも一緒に書き出してい行きます。
  • ここで一つ大切な点は、紙やパソコン等にアウトプットする(書き出す)ことです。頭の中で考えるだけではなく、書き出すことで、頭もすっきりし、今まで見えなかった事(ぼやけた部分が)がハッキリとしてきます。

ポイント② 現状分析

データから現状分析

  • ポイント①で理由を書き出したら、次は現状分析を行います。理由に対してデータで裏付けをとります。
  • ・新規の場合
    『市場調査』『マーケティング』『自社(商品の)分析(利点、欠点)』等
  • ・リニューアルの場合
    アクセス解析※で現状のホームページの分析を行います。(※Googleのアナリティックス等)
    ①訪問者数の把握
    ②ゴールフローでコンバージョン(成約率)や目標へ到達するまでのアクセス経路の把握
    (※お問合せや成約数を把握する)
    ③ユーザーフローで離脱率とアクセス経路とサイト内遷移の把握
    ④検索サマリーで検索ワードの把握、検索エンジン最適化で改善点を見つけ出す。

  • アクセス解析の詳細は→アクセス解析・分析で詳しく紹介しています。

アクセス解析

ポイント③ 目的、目標、問題点の明確化

  • ①の理由、②の現状分析をした上で『目的』『目標』『問題点』の明確化を行います。
    それぞれの明確化は『フレームワーク』を使うと簡単に行うことが出来ます。

現状と原因と理想像と改善点

  • フレームワークには「現状」「原因」「理想像(あるべき姿)」「改善点」とそれぞれ4つ項目を作りそれぞれに落とし込みます。そうすることでそれぞれのポイントがハッキリとしてきます。

ポイント④ 本当の理由を知る

  • ホームページを制作する本当の理由を知る為にフレームワークで明確化したポイントを今度は6つの項目に落とし込んでいきます。

本当の理由

  • 1.ホームページを作る目的
    何のためにホームページを作るのか。
  • 2.目標をつくる
    どうなったら目標を達成するのかを決める。
  • 3.お客様を知る。
    だれがお客様(ターゲット)となりえるのか。
  • 4.お客様のニーズを知る。
    そのお客様は何に困っているのか。
  • 5.選ばれる理由を作る
    競合他社と比較しても、自社が負けない理由を作る。
  • 6.それをしっかり伝えるために、何が必要か
    ~5の情報をタイムリーに、信頼度高くお客様に伝える為のツール。。
  • ここで大事なのは、「ホームページも1つの手段」という事です。他にも紹介や『口コミ』『チラシ』『DM』『会社案内』等、沢山の伝えるツールはあります。本当に最善で必要な手段は何がいいのか、もう一度確認しましょう。

お問い合わせ